お客様の立場に立ったヒアリングで研修を成功に導くお客様の立場に立ったヒアリングで研修を成功に導く

はじめにはじめに

専門分野に特化した総合物流関連事業を行っているクライアント様から、「随分前にお世話になったことがあったから」とご連絡をいただいたのが始まりでした。クライアント様は業界トップクラスのシェアを誇る大企業で、東京、名古屋、大阪、九州と全国に現場をお持ちです。今回は、それぞれの現場で活躍するマネージャーを集めて研修を行いたいということでご依頼をいただきました。

「研修のイメージが湧かない」というクライアント様とご研修計画を立案「研修のイメージが湧かない」というクライアント様とご研修計画を立案

会社の目指す方向性は決まっているが…

クライアント様には、会社としてより高い生産性を達成するために、「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型の現場を作っていきたい」というご意向がありました。これを実現させるために、40代前後の企業の中核を担うマネージャークラスの管理職を集め、部下の指導力強化のための研修を行う、というのがクライアント様のご希望です。

ところが、最初に用件をお伺いした際は、具体的なイメージがあまり湧かないとのことで、クライアント様から詳細なご要望やご予定をお聞きすることができませんでした。
そこで、研修のイメージを掴んでいただくために、会場の下見をご提案いたしました。その際重点を置いたのは、研修の主旨をしっかりお伺いすること、クライアント様が何を求めていらっしゃるか理解すること、それに対して、私たちがどのようなサポートをできるのかお伝えすることの3点です。

まずは私どもの気持ちをお伝えするまずは私どもの気持ちをお伝えする

久しぶりのご依頼ということで、クライアント様と私たちの間の関係がしっかり築けていない状態からのスタートです。そこで、クライアント様からのヒアリングの前に、どのような研修サポートを行うことができるか、どんな思いでお客さまと接するのかなど、私どもの姿勢を伝えることから始めました。

ホテルフクラシア晴海で研修を行うことにどのようなメリットがあるのかを知っていただくために、「お客様ごとにセミナーサポートのコンシェルジュがつく」という弊社の最大の強みを重点的にご説明しました。お客様のご希望に沿った専門のコンシェルジュがつくことで、意思の疎通もスムーズになり、全面的な研修のバックアップをさせていただけるようになることをお伝えしたのです。

お客様へのヒアリングで見えてきたものお客様へのヒアリングで見えてきたもの

サポート体制がしっかりしていることをお伝えしたことで、クライアント様が研修実施の背景や、大切にしていることをお話ししてくださいました。そのなかで、「ボトムアップ型の現場」を実現するためには、上司と部下とのコミュニケーションを取る時間を大切にする必要があることがわかりました。

それが信頼関係の構築に繋がり、業務に良い影響を与えるのだ、とお話しいただいたことで、今回の研修の核となるポイントが見えてきました。

“上司と部下が信頼関係をしっかりと築く方法”を学べる研修を目指す

会場準備に際してのご提案会場準備に際してのご提案

ロールプレイに最適な会場をご用意

今回の研修には、3人1組、7グループで、上司と部下の面談を想定したロールプレイを行うという内容が含まれていました。このロールプレイにあたり、クライアント様には、会場面積が足りるだろうかというご不安がありました。そこで、レイアウト図を事前にお送りした上で会場を見ていただき、広さには問題がない旨のご説明をいたしました。

しかし、「上司と部下との面談」というロールプレイであることから、隣同士が近い状態で面談は普通行わないということ、もっと話しやすい環境で行うだろう、と考え、そのことについてもお話させていただきました。その上で、同じ階にある会議室をロールプレイの時だけでも併用されてはどうかというご提案いたしました。その後、他のご使用者との調整をした上で、研修会場にもっとも近い対面の会議室も併用することとなりました。

目的に合わせて別のアイデアをご提案目的に合わせて別のアイデアをご提案

また、会場備品としてフリップチャートをつかいたいというご希望がありました。用途をお聞きしたところ、「グループでの話し合いにおいてメンバーの意見の書き出しに使う」とのことでした。

しかし、フリップチャートは複数人で書き込むにはあまり適していません。そのため、「模造紙をご用意するので、机の上において皆様で書き出されるスタイルはいかがでしょうか」とご提案したところ、発表の際には壁のマグネットバーを使って張り出すことも可能であるため、こちらの方が良いとのご賛同をいただきました。

研修後にはクライアント様から、研修成功についての感謝のメールが届きました。積極的にこちらからヒアリングやアイデア出しをすることで、クライアント様の研修意図を明確に理解し、具体的にどのように研修をすればいいのかというところまで落とし込んで、サポートすることができました。

研修成功のポイント研修成功のポイント

ポイント1 自分から心を開いて話をするポイント1 自分から心を開いて話をする

打ち合わせ当初はあまり詳細な内容をお話いただくことができませんでしたが、自分から積極的に会話をしていくことで、研修の背景や意図、ご希望についてヒアリングすることができました。

ポイント2 クライアント様への ご提案を積極的に行うポイント2 クライアント様への ご提案を積極的に行う

効果的な研修を行うためにどんな環境が求められるのか、どうすればよりスムーズでストレスフリーな研修が行えるかということを積極的にご提案することで、研修を共に作り上げ、成功に導くことができました。

  • 事例紹介 CASE STUDY事例紹介 CASE STUDY
  • 実例紹介 CASE SCENE実例紹介 CASE SCENE
  • コラム COLUMNコラム COLUMN

新着記事一覧新着記事一覧


  • 新人研修

  • 全従業員が参加する 1年に1度の重要な研修

  • 経営陣に意見を出す重要な 研修会議

  • 権威ある講演者の研修

ご相談・空き状況のお問合せ

具体的な内容がお決まりでない場合も
お気軽にお問合せ下さい

お客様専用ダイヤル:03-3532-6030お客様専用ダイヤル:03-3532-6030

お問合せ・ご相談はコチラ

  • ホテルフクラシア大阪ベイ
    宿泊研修施設、研修センターを大阪でお探しの方へ。
    ホテルフクラシア大阪ベイ(旧ホテルコスモスクエア国際交流センター)

  • 貸し会議室を東京・品川・浜松町でお探しなら
    フクラシアへ

  • ケータリングを関東・東京でお考えなら会場から企画
    運営のマックスパートへ

研修センター・研修施設・会議室のことなら宿泊研修施設・貸し会議室ネット

宿泊研修施設・貸し会議室ネット宿泊研修施設・貸し会議室ネット

【運営会社】 株式会社マックスパートホテルフクラシア晴海 (旧称 晴海グランドホテル)
〒104-0053 東京都中央区晴海3-8-1 TEL 03-3533-7111 FAX 03-3532-5315

Copyright(C)2015 Maxpart Corporation. All Rights Reserved