新入社員の意識を「社会人」に切り替えるために必要な研修ノウハウ新入社員の意識を「社会人」に切り替えるために必要な研修ノウハウ

はじめにはじめに

新入社員の研修は何のために行うのでしょう? これまで学生だった彼らの意識を「社会人」に切り替えてもらうためです。しかし、目的ははっきりしていても、研修内容にこだわらないことで効果が薄くなってしまうこともあります。新入社員に不足する意識の具体例、そして研修に必須の内容を知って、よりよい研修につなげましょう。

新入社員に不足する意識の具体例新入社員に不足する意識の具体例

新入社員の多くは、「仕事は創るもの」「個人の行動が会社にも影響する」という意識が不足します。

まず「仕事は創るもの」という意識について考えましょう。これちらが不足すると、「仕事を待つ」という受け身の態勢になり、自ら考えたり働きかけたりということがなくなります。そして、「言われたことしかできない」状態になってしまうでしょう。

それから、「個人の行動が会社にも影響する」という意識です。最近ではよくニュースで「SNSの不注意な情報拡散で他者や会社に迷惑を掛けた」という話を見かけますが、こうしたことは決して他人ごとではありません。意識が不足することで、いつ何が起こるかわからないものです。また、こうした状況が発生すると、本人だけの問題ではなくなり、同僚や上司、ひいては会社全体や顧客に迷惑をかけることにつながります。

新入社員研修に必ず盛り込みたい内容5選新入社員研修に必ず盛り込みたい内容5選

では、どのような内容を盛り込むとよいのでしょうか。必ず盛り込みたい、5つのポイントをお伝えします。

1.企業理念
企業理念を最初に話しましょう。できればわかりやすく解説したり創業者のエピソードがあったりするとよいですね。新入社員にも理解しやすくなりますし、自分ゴトとしてとらえてもらえます。他には、働く上で大切な就業規則、新入社員がこれから溶け込んでいく部署の紹介などを行いましょう。

2.社会人の基礎となる考え
ビジネスマナーやコンプライアンスなど、社会人の基礎ともいえる考えを伝えましょう。最も基本的なものは「報連相」の意識です。この際、「どうして報連相をするのか」「コンプライアンスは何に必要なのか」といった具体的な話も盛り込みましょう。ただ方法だけを伝えるだけでは、新入社員には理解しづらく、身につかなくなるからです。

3.普段から行うとよい習慣
スケジューリングや目標設定など、普段から行うとよい習慣を共有しましょう。スケジューリングは、慌てず業務を進めるのに重要ですし、目標設定はキャリアアップに役立ちます。

4.業務に関する具体的なスキル
業務を行う上でのPCの使い方や使用するソフトウェアについての説明、また業務に関する知識やスキルの共有をしましょう。しかし、新入社員は、ほとんど何も知らない状態です。あまり詰め込むと、「どれが大切なのか」「どれを覚えておけば良いのか」分からなくなってしまうことがあります。そのため、共有するのは、最重要事項や基礎的なことにとどめるとよいでしょう。

5.新入社員同士のコミュニケーション
新入社員がお互いに自己紹介をしたり雑談をしたりする場を設けましょう。これから一緒に働く間柄ですから、できるだけ早く打ち解けることが望ましいです。もちろん、上司もその場にいるとよいですね。上司にとっても、どの社員がどんなタイプか、早くわかりますので、今後のコミュニケーションにつながります。

必ず行いたい!次につなげる課題やテスト必ず行いたい!次につなげる課題やテスト

研修だけで終わらせず、次につながる課題やテストの実施も考えましょう。

その場で行う場合
テストを行う場合、紙に回答するものではなく、挙手で答える方法を選ぶとよいでしょう。なぜなら、積極性を高めることにつながるからです。また、自らの口で話すため、思考力やプレゼン力の練習にもなります。

後で提出してもらう場合
その際、普段の業務量や新入社員の消化能力に影響しない程度の量にしましょう。「1年後や3年後の自分に手紙」などもよいですね。先のイメージを具体的に想像しますので、現在のモチベーションや行動にもよい影響をもたらします。

  • 事例紹介 CASE STUDY事例紹介 CASE STUDY
  • 実例紹介 CASE SCENE実例紹介 CASE SCENE
  • コラム COLUMNコラム COLUMN

ご相談・空き状況のお問合せ

具体的な内容がお決まりでない場合も
お気軽にお問合せ下さい

お客様専用ダイヤル:03-3532-6030お客様専用ダイヤル:03-3532-6030

お問合せ・ご相談はコチラ

  • ホテルフクラシア大阪ベイ
    宿泊研修施設、研修センターを大阪でお探しの方へ。
    ホテルフクラシア大阪ベイ(旧ホテルコスモスクエア国際交流センター)

  • 貸し会議室を東京・品川・浜松町でお探しなら
    フクラシアへ

  • ケータリングを関東・東京でお考えなら会場から企画
    運営のマックスパートへ

研修センター・研修施設・会議室のことなら宿泊研修施設・貸し会議室ネット

宿泊研修施設・貸し会議室ネット宿泊研修施設・貸し会議室ネット

【運営会社】 株式会社マックスパートホテルフクラシア晴海 (旧称 晴海グランドホテル)
〒104-0053 東京都中央区晴海3-8-1 TEL 03-3533-7111 FAX 03-3532-5315

Copyright(C)2015 Maxpart Corporation. All Rights Reserved