士気や生産性向上など多くの効果も!全社員が参加する経営戦略会議を開催しよう!士気や生産性向上など多くの効果も!全社員が参加する経営戦略会議を開催しよう!

はじめにはじめに

会社組織では経営に対する方針や意識付けといった経営戦略が定められます。しかし、時間が経つにつれて形骸化したり、新入社員のように社歴が浅い社員には浸透していなかったりすることがほとんどです。すると、生産性や士気の低下などが生じてしまいます。それを防ぐには経営戦略会議を開催し、あらためて戦略を共有する必要があるのです。共有することの大切さやメリット、経営戦略会議の開催で注意したい点についてご説明します。

経営戦略を「共有」することの大切さ経営戦略を「共有」することの大切さ

経営戦略を全社員と共有しない場合、どんなデメリットがあるでしょうか?まず、社員にとって経営戦略が「他人事(ひとごと)」になります。つまり、「自分には関係ない」と思ってしまうのです。するとおのおのが勝手な行動をするようになり、収拾がつかなくなって、生産性の低下につながります。

また、社員同士の信頼関係が破綻する恐れも。「自分には関係ないから伝えてもらえなかった」「じゃあ自分も他人に共有する必要はない」など、ネガティブな思考が芽生えます。すると、お互いに協力することがおろそかになり、それまで保たれていた社員同士の連携の解消につながってしまうでしょう。

経営戦略が共有されないというだけで、社員一人ひとりの業務、そして社員同士の連携など、部署ごとの動き、トータルで見た生産性、あらゆる面にマイナスの影響をもたらすのです。

経営戦略の共有で生まれるメリット経営戦略の共有で生まれるメリット

では、経営戦略を共有した場合、どのような効果が生まれるのでしょうか?
まず、一人ひとりが経営戦略を「自分のこと」として考えます。すると、より一層深く考えるため、「自分は何をすべきか、何ができるか」理解できるのです。もちろん、行動にもつながるため、周囲との連携もこれまで以上に密になりますし、起案や業務の遂行など普段の行動に現れます。つまり、生産性の向上につながるのです。

また、戦略そのものに対してもより深く取り組むようになるため、戦略自体のブラッシュアップにもなるでしょう。それに、戦略発表会への参加でモチベーションが高まりますし、社員の能力向上や企業成長にもつながります。

経営戦略会議の開催で注意したい点経営戦略会議の開催で注意したい点

最後に、経営戦略発表会を開催するうえでの注意点についてお話しします。
まず、必ず全員が参加することです。全員が同じ時間を過ごすことで一体感が生まれますし、一人ひとりが「自分事」として考えるためには欠かせません。次に、できるだけ定期的に開催することです。前の開催から間が開いてしまうと、浸透度が下がり形骸化しやすくなります。できるだけこまめに開くとよいでしょう。しかし全員を集めるには、スケジュール調整が難しい場合もありますよね。このような場合、社内の部署ごとに月1~2回ほど会議を開催するといったように、小さな範囲でフォローするのもよいでしょう。

また可能なら、会議の最中、新入社員のようにまだ社歴の浅い社員が意見を述べられる場を設けましょう。会議という大きな場で意見を考えたり発言したりするとより「自分事」化しますし、社員のスキルや思考の成長にもつながります。

  • 事例紹介 CASE STUDY事例紹介 CASE STUDY
  • 実例紹介 CASE SCENE実例紹介 CASE SCENE
  • コラム COLUMNコラム COLUMN

ご相談・空き状況のお問合せ

具体的な内容がお決まりでない場合も
お気軽にお問合せ下さい

お客様専用ダイヤル:03-3532-6030お客様専用ダイヤル:03-3532-6030

お問合せ・ご相談はコチラ

  • ホテルフクラシア大阪ベイ
    宿泊研修施設、研修センターを大阪でお探しの方へ。
    ホテルフクラシア大阪ベイ(旧ホテルコスモスクエア国際交流センター)

  • 貸し会議室を東京・品川・浜松町でお探しなら
    フクラシアへ

  • ケータリングを関東・東京でお考えなら会場から企画
    運営のマックスパートへ

研修センター・研修施設・会議室のことなら宿泊研修施設・貸し会議室ネット

宿泊研修施設・貸し会議室ネット宿泊研修施設・貸し会議室ネット

【運営会社】 株式会社マックスパートホテルフクラシア晴海 (旧称 晴海グランドホテル)
〒104-0053 東京都中央区晴海3-8-1 TEL 03-3533-7111 FAX 03-3532-5315

Copyright(C)2015 Maxpart Corporation. All Rights Reserved